コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

VRAM ブイ ラム

5件 の用語解説(VRAMの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

VRAM

ディスプレーに表示する画像データを一時的に蓄積するメモリーで、ビデオカードなどに搭載されている。表示される画面の解像度と色数は、VRAMの容量によって決定される。画面の解像度と色数に応じたVRAMの容量は次の式で求められる。「VRAMの容量=1画面のドット数×1ドット当たりに必要なビット数」。たとえば横1024ドット、縦768ドットの解像度を24ビットカラーで表示したい場合、「1024×768×24=1887万4368ビット=235万9296バイト=約2.4MB」が必要なVRAMの容量となる。最近のビデオカードでは3Dのデータを処理するため、式で算出される以上の容量のVRAMを搭載している。また、ビデオカードを搭載しないパソコンでは、メインメモリーの一部をVRAMとして使用することが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

VRAM

画面に表示する内容を置く専用のメモリーで、「ビデオRAM」の略称です。このメモリーが多いほど、画面の解像度を高くすることや、表示できる色数を増やすことができます。グラフィック・ボードには専用のメモリーが搭載されていますが、チップセット内蔵のグラフィックス機能などでは、メインメモリーの一部をVRAMとして利用しています。
⇨解像度、チップセット、ビデオカード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
パソコンで困ったときに開く本について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ブイラム【VRAM】

コンピューターのディスプレーに表示される画像情報を記憶するために用いられるRAM。◇「video random access memory」の頭文字から。「ビデオRAM」「ビデオメモリー」「グラフィックスメモリー」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

VRAM
ブイラム
VRAM

ディスプレイに表示する画像データを記憶するために使われる半導体 RAM。 video ramの略。高速な書き込み・読み出しが不可欠なため,いろいろな工夫がされる場合がある。画像処理をする場合の途中データをためておくバッファとしても使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

VRAMの関連情報