W.T. グギ(英語表記)Wa Thiong’o Ngugi

20世紀西洋人名事典の解説

W.T. グギ
Wa Thiong’o Ngugi


1938.1.5 -
ケニアの小説家。
リムル生まれ。
別名ジェームズ グーギ。
キクユ族の農民出身。幼少時マウマウ戦争を体験。1964年ウガンダのマケレレ大学卒業後、英国リーズ大学に留学。ナイロビ大学で教鞭をとる。’67年文芸誌「ズカ」を創刊。「泣くな吾が子よ」(’64年)、「一粒の麦」(’67年)、「血の花弁」(’77年)などを英語で著す。’77年反政府活動を理由に逮捕され、1年間獄中生活を送り、ナイロビ大学文芸科教授の職を失う。のちキクユ語で共同創作民衆劇「好きなときに結婚します」(’80年)、小説「十字架上の悪魔」(’81年)、評論集「政治の中の作家」(同年)を相次いで出版。’81年秋来日。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android