コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WLFの式 WLF equation

法則の辞典の解説

WLFの式【WLF equation】

無定型固体および液体の粘弾性の温度変化を表す式.ウィリアムズ(Williams),ランデル(Landel),フェリー(Ferry)の三人により導出されたので,通常イニシャルをとってWLF式と呼ばれている.緩和時間 τ の温度依存性を表す時間‐温度換算因子 αT は次の式で表せる.

C1C2 は物質によらない定数で,それぞれ8.86,101.6である.Ts はガラス転移温度 Tg と(TsTg=50℃)の関係にある.なお,TsTg とおくならば,C1C2 の値は変わってそれぞれ17.55,51.6となる.

他の粘度式(アンドラーデの粘度式*ドゥーリットル粘度式*アインシュタインの粘度式*)も参照.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

WLFの式の関連キーワードドゥーリットル粘度式アインシュタインアンドラーデC1

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android