コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WLFの式 WLF equation

1件 の用語解説(WLFの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

WLFの式【WLF equation】

無定型固体および液体の粘弾性の温度変化を表す式.ウィリアムズ(Williams),ランデル(Landel),フェリー(Ferry)の三人により導出されたので,通常イニシャルをとってWLF式と呼ばれている.緩和時間 τ の温度依存性を表す時間‐温度換算因子 αT は次の式で表せる.

C1C2 は物質によらない定数で,それぞれ8.86,101.6である.Ts はガラス転移温度 Tg と(TsTg=50℃)の関係にある.なお,TsTg とおくならば,C1C2 の値は変わってそれぞれ17.55,51.6となる.

他の粘度式(アンドラーデの粘度式*ドゥーリットル粘度式*アインシュタインの粘度式*)も参照.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WLFの式の関連キーワードネルンストの熱定理粘弾性輝度温度動体無定型無定型短歌緩和弾性率凝固温度フォークトの式(粘弾性)マクスウェルの方程式(粘弾性)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone