コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WPC ダブリューピーシーWPC

翻訳|WPC

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐ピー‐シー【WPC】[wood plastic combination]

wood plastic combination》木材とプラスチックでできた合成木材。木材の空隙に樹脂液を注入したもの。床材などに用いられる。

ダブリュー‐ピー‐シー【WPC】[World Petroleum Congress]

World Petroleum Congress》世界石油会議。1933年ロンドンで第1回開催。第二次大戦中の中断をはさみ、4年に一度開催される。

ダブリュー‐ピー‐シー【WPC】[Wireless Power Consortium]

Wireless Power Consortium》電子機器の非接触充電に関する国際標準化団体。2008年に設立。2010年に標準規格Qiを策定した。WPコンソーシアム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

WPC

〖和 wood+plastic+combination〗
木材内に樹脂を注入し、材中で重合させて強度や美観の持続性を改良した複合材料。フローリングの表層などに利用される。

WPC

〖World Petroleum Congress〗
世界石油会議。各国間の技術情報の交換と石油関係者の懇親を図るのが目的。1933 年設立。

WPC

〖World Population Conference〗
国連の、世界人口会議。1974 年の世界人口年に第 1 回会議を開催。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のWPCの言及

【改良木材】より

…(5)合成樹脂や薬剤処理した材料,木質系複合材料 基本的な改良木材を4種あげたが,これらの材料に,あるいは木材そのものに樹脂処理,薬剤処理を行ったり,材料どうしの複合化を行ったものが多数製品化されている。WPC(wood plastic combinationの略)と呼ばれるものは,木材中にメチルメタクリレートやスチレンのモノマーを注入し,木材組成分とグラフト重合を生じさせることをねらったもので,寸法安定性,強度,硬度の高いものが得られている。床仕上げ材,ゴルフクラブのヘッドなどに実用化もされている。…

※「WPC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android