空隙(読み)クウゲキ

精選版 日本国語大辞典の解説

くう‐げき【空隙】

〘名〙
① 物と物とのすきま。間隙。すきま。〔文明本節用集(室町中)〕
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「食塩は溶解して、水中の分子間の、空隙に入るものなり」 〔漢書‐曹参伝顔師古注〕
② ひまな時。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android