WiMAX2(読み)ワイマックスツー

IT用語がわかる辞典の解説

ワイマックスツー【WiMAX2】

2012年にITU国際電気通信連合)が勧告した、第4世代携帯電話の国際標準規格のひとつ。WiMAXおよびモバイルWiMAXを改良した無線通信方式。2011年3月にIEEEによって標準化された。理論上の最高通信速度は、下り基地局から端末)が300Mbpsで、上り(端末から基地局)が110Mbpsあまりに達するという。高速移動中でもハンドオーバーが可能とされる。◇正式名称は「IEEE802.16m」。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android