β(ベータ) 受容体(読み)べーたじゅようたい

生活習慣病用語辞典の解説

β(ベータ) 受容体

交感神経のひとつで、心臓の収縮回数の増加や血液量の増加をさせます。交感神経の活動は、交感神経より分泌されるノルアドレナリンという物質が神経末端に存在している受容体に結合することで引き起こされます。交感神経の受容体にはβ受容体のほかにα受容体があり、血管を収縮させるのがα受容体の作用です。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android