コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

μ中間子/ミュー中間子 ミューチュウカンシ

デジタル大辞泉の解説

ミュー‐ちゅうかんし【μ中間子/ミュー中間子】

μ粒子のこと。1937年に宇宙線の中から発見され、当初は核力を仲介する中間子の一つとみなされた。後に誤りであることがわかり、この名称は現在使われていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

μ中間子
ミューちゅうかんし

μ粒子」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のμ中間子/ミュー中間子の言及

【素粒子】より

… この中間子を見つける実験が精力的に行われ,1936年から38年にかけてC.D.アンダーソンは宇宙線中に電子の200倍くらいの質量の粒子が存在し,これが10-6秒くらいで崩壊することを見つけた。当初はこの粒子が湯川の予言した中間子と考えられ,μ中間子と名付けられたが,湯川理論から予想される中間子の平均寿命約10-8秒から2桁も違い,また核子との相互作用も弱いなど矛盾する点が明らかにされた。そこでμ中間子とは別にもう1種類の中間子,π中間子の存在を考える二中間子論が坂田昌一,谷川安孝など(1946),少しおくれてR.E.マルシャク,H.A.ベーテ(1947)によって提出された。…

【中間子】より

…π中間子のほかにも,ストレンジネスをもったK中間子,チャームをもったD中間子,ボトムをもったB中間子なども見つかっており,また現在では中間子は単一の粒子ではなく,クォークと反クォークの結合系と考えられている。なお,1936‐38年,C.D.アンダーソンによって,宇宙線中に湯川の予言した中間子と思われる粒子が発見され,当初μ中間子と呼ばれたが,その後この粒子は中間子の仲間でないことが明らかとなり,現在ではμ粒子,あるいはミューオンと呼ばれている。素粒子メソンファクトリー【猪木 慶治】。…

※「μ中間子/ミュー中間子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

μ中間子/ミュー中間子の関連キーワードレオ・ジェームス レインウォーター多クォーク中間子・バリオニウムワインバーグ=サラムの理論セシル・フランク パウエルイータプライム中間子Gパリティの保存ウプシロン中間子ゲル=マンの関係ストレンジネス中性パイ中間子プサイ中間子トッポニウムイータ中間子オメガ中間子ファイ中間子メソトロンD*中間子Ds中間子Bs中間子ロー中間子