コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中間子 ちゅうかんし meson

翻訳|meson

6件 の用語解説(中間子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中間子
ちゅうかんし
meson

質量をもち,スピンが整数で,ボース統計に従い強い相互作用をする素粒子の総称。メソンともいう。中間子クォーク反クォークからできている複合粒子バリオン数は 0である。π中間子ストレンジクォーク(s)を含む K中間子η中間子チャームクォーク(c)を含む D中間子,J/ψ中間子,ボトムクォーク(b)を含む B中間子Υ中間子やこれらの励起状態(共鳴粒子ともいう)など多数発見されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちゅうかん‐し【中間子】

スピンが整数で、強い相互作用をもつ素粒子。π(パイ)中間子・K中間子・η(エータ)中間子など約100種が発見されている。メソン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中間子【ちゅうかんし】

メソンとも。素粒子の族の一つ。強い相互作用を有する粒子(ハドロン)のうちバリオン数バリオン)が0で,一般にスピンが整数のものを中間子という。歴史的には質量が電子と核子の中間であるものを一括して中間子と呼んだこともあったため,湯川秀樹の中間子理論発表(1935年)の2年後発見されその実験的裏づけと考えられたμ(ミュー)粒子は中間子と呼ばれたこともあったが,中間子でなくレプトンに属する。
→関連項目アンダーソン原子核乾板スピン武谷三男ホフスタッター湯川秀樹

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうかんし【中間子 meson】

メソンともいう。強い相互作用をする素粒子(ハドロン)のうち,バリオン数0で,一般に整数のスピンをもつものの総称。歴史的には陽子,中性子より軽く,電子より重いものを呼んだこともある。理論的には1935年湯川秀樹によって核子(陽子,中性子の総称)の間に働く核力を媒介する素粒子として導入された。核力は,陽子と電気的に中性の中性子の間にも働く,非常に短い距離(~10-13cm)では非常に強いが,少し離れると非常に弱くなるという性質がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちゅうかんし【中間子】

整数スピンをもつ素粒子のうち、ハドロンに属するものの総称。 π 中間子、 K 中間子など20種以上ある。メソン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中間子
ちゅうかんし
meson

物質を構成する素粒子のうち互いに強く相互作用をするものはハドロン族に分類され、そのうちスピン(素粒子の固有の角運動量)が半整数の粒子は重粒子(バリオン)、整数の粒子は中間子(メソン)とよばれる。代表的な重粒子は原子核を構成する陽子と中性子(核子と総称)、代表的な中間子は湯川秀樹(ゆかわひでき)がその存在を予言したπ(パイ)中間子で、電荷(電気素量単位)Q=+1,0,-1の3種類(π+0-)がある。ともにスピンJ=0、パリティ(偶奇性)Pは負(JP=0-と表す)で質量もほぼ等しい。このようにJPなどの量子数を共有し質量もほぼ等しいが電荷だけが異なるものを別々に数えるといままでに百数十個の中間子が発見されている。[大槻昭一郎]

湯川理論

湯川の中間子論は1935年に発表され、49年日本人最初のノーベル賞(物理学賞)を授与された。電子とともに原子を構成する原子核が核子の束縛系であることはすでに32年に明らかになっていたが、核子を結合させる力、核力、は荷電粒子の間に働くクーロン力と比べると、強さは100倍程度大きい一方で原子核の大きさ程度の小さい距離でしか働かないという特徴があり、その本性は当時まったく不明であった。湯川は核力はU粒子という未知の粒子が核子の間に交換されることによって生じると考えた。こうすると距離r離れた2個の核子の間の核力の位置エネルギーは

となる。この形は湯川ポテンシャルとよばれrr0で小さくなる。mU粒子の質量、cは光の速さ、h/2π(hはプランク定数)。原子核の大きさからr0~2×10-13cmととるとU粒子は質量エネルギーとしてmc2~100MeV、すなわち核子と電子の「中間」の質量をもつと予言された(当時素粒子と認められていたのは核子、電子、クーロン力を媒介する質量ゼロの光子、原子核のβ(ベータ)崩壊に伴って放出されると予想されていたニュートリノだけであった)。は核子とU粒子の相互作用の強さを表す結合定数で、核力が強いので2/4πは大きい。
 湯川はさらに、核子から放出されたU粒子が電子とニュートリノとに崩壊するとしてβ崩壊をも説明しようとした。この面で湯川理論は、自然界のさまざまな相互作用を統一的に扱おうとする素粒子物理学の統一理論の先駆の一つをなすものである。[大槻昭一郎]

統一理論

1937年宇宙線中に発見されたmc2~100MeVの粒子が湯川理論の予想に反して原子核と強くは相互作用をしないことから、坂田昌一(しょういち)らは、このμ(ミュー)粒子はU粒子とは別物で2種類の中間子が存在すると考えた(二中間子論、1942)。期待されたとおりの強い相互作用をするπ中間子は1947年宇宙線中で発見され、翌年加速器で人工的に生成された。π±の質量はmc2=140MeV、π0のそれは135MeVである。なお、rr0の外のほうの領域の核力はπ中間子の交換による湯川ポテンシャルで表されるが、内側のrr0では質量が大きい中間子も媒介するなど複雑になる。また、μ粒子は電子やニュートリノなどとともに強い相互作用をしないスピン1/2のレプトン族(軽粒子族)に分類される。[大槻昭一郎]

中間子の構造

中間子はスピンJ=1/2のクォークqとその反粒子がグルーオンの媒介する力で結合した束縛系である。qおよびグルーオンは「色(いろ)電荷」とよばれる量子数をもち、量子色力学による力の特性からすべて中間子の内部に閉じ込められると考えられている。
 二、三例をあげよう。クォークのうちもっとも質量が小さい、すなわち軽いのは電荷Q=2/3のuクォークとQ=-1/3のdクォークであるが、π中間子はこれらとその反粒子(反クォークのQは逆符号)の束縛系としてπ+u、π0uおよびd、π-dである。これらqの間の回転の角運動量はゼロ、互いのスピンは反平行(スピン1重項)で、その結果π中間子はJP=0-となる。udに次いで重いのはストレンジネスとよばれる量子数S=-1をもつQ=-1/3のsクォークで、π+usに入れ替えたのがS=-1の0smc2=498MeV、また(反クォークのSは逆符号)に入れ替えたのがS=+1のK+uで494MeV。このようにJP=0-は共通でQSが異なるπを含めた8種類の中間子がmc2=547MeV以下にそろっている。次に重いものとしてJP=1-の9種類の中間子がmc2=771~1019MeVに現れる。sに次いで重くなる順にcQ=2/3、量子数チャーム=1)、bQ=-1/3、量子数ボトム=-1)、tQ=2/3、量子数トップ=1)のクォークが存在し、これらを含んだ重い中間子、たとえばmc2=9460MeVの中間子γ~bなども、多数発見されている。なお、重い中間子は一般的には強い相互作用で軽い中間子へと崩壊するが、もっとも軽いπ中間子は強い相互作用による崩壊相手がなく、π±はμ±とニュートリノへ、π0は2個の光子へ、それぞれ崩壊する。
 場の量子論では対称性が自発的に破れるとき質量ゼロ、スピンゼロの南部・ゴールドストーンの粒子が出現することが知られている。数ある中間子のなかで特別に軽いπ中間子は、質量がゼロに近いudクォークに特有のカイラル対称性の自発的破れに伴う南部・ゴールドストーンの粒子ともみなされるが、この対称性が完璧(かんぺき)でない分だけπ中間子が小さい質量をもつと考えられる。[大槻昭一郎]
『原康夫著『素粒子』(1980・朝倉書店) ▽小川修三・沢田昭二・中川昌美著『素粒子の複合模型』(1980・岩波書店) ▽日本物理学会編『物質の窮極を探る――現代の統一理論』(1982・培風館) ▽近藤都登著『トップクォークの発見』(1996・丸善) ▽南部陽一郎著『クォーク――素粒子物理はどこまで進んできたか』第2版(講談社・ブルーバックス) ▽湯川秀樹著『旅人 ある物理学者の回想』(角川文庫)』
「湯川秀樹伝記映像制作委員会・湯川記念財団企画『映像評伝 湯川秀樹――自伝「旅人」より』VHS(2001・山陽映画)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中間子の言及

【宇宙線】より

…また,宇宙空間での宇宙線のもつエネルギー密度は1eV/cm3程度である。二次宇宙線の成分は,π中間子,K中間子など,およびこれらが崩壊して転化するμ粒子,電子,γ線,中性微子などである。なお,少量ではあるが,宇宙から飛来する電子,陽電子,γ線,中性微子,反陽子などもあり,高エネルギーのものは宇宙線として扱われている。…

【素粒子】より

…電磁気力と弱い力とは一見まったく異なった力のように見えるが,実は両方の力の源は同じであるという統一理論がS.ワインバーグとA.サラムによって提唱(ワインバーグ=サラムの理論)され,実験による検証も得られて大きな成功を収めた。最後の力は〈強い力〉(強い相互作用)と呼ばれるもので,π中間子が陽子と中性子,あるいは陽子と陽子の間に交換されて生ずる核力がこれである。この強い力は,10-13cmという非常に小さい距離でのみ強く働いて,それを越えると非常にはやく減少するという特徴をもつ。…

【湯川秀樹】より

…理論物理学者。中間子理論をつくり出し,日本人として初のノーベル賞を受けた。地理学者小川琢治の三男として東京麻布で生まれたが,翌年父が京都大学教授となってから京都で育った。…

※「中間子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中間子の関連キーワード相互作用素粒子強い相互作用ハドロンフェルミ相互作用ウィークボソン超弦理論ゲージ粒子ウイークボソン西島‐ゲル=マンの規則

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中間子の関連情報