コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《エビータ》 えびーた

世界大百科事典内の《エビータ》の言及

【ミュージカル】より

…次いで《オリバー!》(1960)などのバートLionel Bart(1930‐ )がしばらく活躍した。現在最も重要な作者は,《ジーザス・クライスト・スーパースター》(1971),《エビータ》(1976),《キャッツ》(1981),《スターライト・エクスプレス》(1984)などの曲を書いたロイド・ウェバーAndrew Lloyd Webber(1948‐ )である。彼はおもにロック風の曲を作るが,文学性を犠牲にしても音楽を正面に出そうとする傾向があり,革新的のようでいてかえってミュージカルを古いかたちに戻そうとしているように思われる。…

※「《エビータ》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《エビータ》の関連キーワードペロン(María Eva Duarte de Perón (Evita))クリスティナ フェルナンデス・デ・キルチネルアンドリュー ロイド・ウェバーアンドルー ロイド・ウェバーカルロス バルマセーダマリア・エヴァ ペロンロンドン・ミュージカルアントニオ バンデラスマリア・エバ ペロンフェルナンデス政権ニューヨーク(市)ロイド・ウェバーアラン パーカーティム ライスアルゼンチンミュージカル服部 良子マドンナ岡まゆみエビータ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android