コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

「ジミーの世界」事件 ジミーのせかいじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

「ジミーの世界」事件
ジミーのせかいじけん

アメリカ合衆国の『ワシントン・ポスト』紙が 1980年9月28日付の朝刊 1面に掲載したジャネット・クック記者の署名記事「ジミーの世界」Jimmy's worldが 1981年のピュリッツァー賞を受賞したが,8歳のヘロイン中毒の少年を扱ったその潜入ルポルタージュがまったくの虚報であったという事件。受賞がきっかけとなってクック記者の経歴詐称が発覚,この記事にも疑いがもたれ,ワシントン・ポスト社はオンブズマン(→新聞オンブズマン)のビル・グリーンによる徹底した調査を実施,報告書を同 1981年4月19日付紙面に掲載し,読者に謝罪した。報告書には,入社 1年目の若い野心家の女性記者の記事捏造の経過と,それを許した『ワシントン・ポスト』内部の状況を分析した結果がすべて実名で克明に記述された。『ワシントン・ポスト』は賞を辞退し,クック記者は職を辞した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android