発覚(読み)はっかく

精選版 日本国語大辞典「発覚」の解説

はっ‐かく【発覚】

〙 かくしていた秘密や罪悪、陰謀などがあらわれること。露顕。暴露。
※江談抄(1111頃)三「致忠男保輔 保昌、兄也 是強盗主也。事発覚繋獄之後」
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「小児を山林の奥で獣類同様に育てた事が発覚して」

ほっ‐かく【発覚】

※続日本紀‐慶雲四年(707)七月壬子「已発覚未発覚、咸赦除之
色葉字類抄(1177‐81)「発覚 ホッカク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「発覚」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「発覚」の解説

【発覚】はつかく

隠しごとがばれる。〔史記、祖紀〕年、~趙相貫高等、高を弑せんことを謀る。~九年、~事發覺し、三族を)せらる。

字通「発」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android