コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『へうげもの』と異色歴史マンガ へうげものといしょくれきしまんが

1件 の用語解説(『へうげもの』と異色歴史マンガの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

『へうげもの』と異色歴史マンガ

希代の芸術愛好家として陶器や茶の湯の歴史の中に名を残すが、武辺の時代であった戦国の世では、ひとりの脇役にすぎなかった古田織部。この異色の武将にスポットを当て、数寄への執着と我欲に生きた「俗の極みの傑物」に仕立てたのが山田芳裕『へうげもの』(講談社)だ。この作品中では信長も秀吉も数寄の尺度によって計られている。惣領冬実『チェーザレ』(講談社)は、イタリアで出版されたチェーザレ・ボルジアの新評伝にのっとって、「権謀術数の男」の真の姿に迫る。また、岩明均は狡知(こうち)に富んだアレクサンドロス大王書記官エウメネス波瀾万丈(はらんばんじょう)の生涯を『ヒストリエ』(講談社)というマンガで記録しようと試みている。いずれも、大向こう受けする英雄中心の歴史観の中では埋もれてきた人たちだ。共通するのは、持って生まれた性向をわがままに押し通したこと。感情のドラマを誇張して描くことを得意とするマンガにとっては、表現しやすい人物像ではあろう。

(鈴木繁 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

『へうげもの』と異色歴史マンガの関連キーワードアマチュア茶の湯湯ノ峰温泉茶礼茶の湯者胴炭水差湯の子侘び数奇原善一郎(1)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone