コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

『三国志演義』 サンゴクシエンギ

とっさの日本語便利帳の解説

『三国志演義』

「全相三国志平話」などから、羅貫中が作(平話とは講釈のこと)。後漢末の争乱の時代に、皇帝劉氏の末裔として天下争覇に立ち、蜀を興した劉備を主役に、義兄弟契りを結んだ関羽張飛、軍師諸葛亮(字は孔明)、さらには魏の覇王曹操、太尉司馬懿(仲達)や孫権、軍師周瑜などを脇役・敵役に展開する歴史物語司馬炎による晋朝の成立、呉の滅亡をもって終わる。『三国演義』とも。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

『三国志演義』の関連キーワードシヤンファン(襄樊)特別市『三国志演義』の登場人物『水滸伝』の登場人物石城の里三国志城真・三國無双6サーム・コックホホ・ソドル小説[中国]成都の武侯祠三国志演義四大奇書全相平話青竜刀夏侯惇李希凡司馬昭施耐庵太史慈水滸伝楊小楼

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『三国志演義』の関連情報