『三国志演義』(読み)サンゴクシエンギ

とっさの日本語便利帳の解説

『三国志演義』

「全相三国志平話」などから、羅貫中が作(平話とは講釈のこと)。後漢末の争乱の時代に、皇帝劉氏の末裔として天下争覇に立ち、蜀を興した劉備を主役に、義兄弟契りを結んだ関羽張飛、軍師諸葛亮(字は孔明)、さらには魏の覇王曹操、太尉司馬懿(仲達)や孫権、軍師周瑜などを脇役・敵役に展開する歴史物語司馬炎による晋朝の成立、呉の滅亡をもって終わる。『三国演義』とも。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

『三国志演義』の関連情報