コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

張飛 ちょうひZhang Fei; Chang Fei

6件 の用語解説(張飛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

張飛
ちょうひ
Zhang Fei; Chang Fei

[生]延熹9(166).河北,たく
[没]章武1(221)
中国,三国時代の蜀漢の勇将。年少の頃から関羽とともに劉備に仕えて軍功をあげ,劉備が蜀の帝位につくと車騎将軍,司隷校尉となったが,部下にきびしすぎたため,部下に殺された。のち『三国志演義』をはじめとする小説,戯曲には,劉備の影を薄くするほどの活躍を示す人物として登場。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐ひ〔チヤウ‐〕【張飛】

[166?~221]中国、三国時代蜀(しょく)の武将。涿(たく)郡(河北省)の人。字(あざな)は益徳。関羽とともに劉備をたすけてと戦った。勇猛だが粗暴で、呉討伐の際に部下に殺された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

張飛【ちょうひ】

中国,三国時代の蜀の名将。劉備に仕え,その武勇は関羽と並称された。大いに軍功を立てたが,部下に殺害された。文人官僚を尊敬して軍人を軽んじたためといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうひ【張飛 Zhāng Fēi】

?‐221
中国,三国漢の名将。字は益徳。涿郡(たくぐん)(河北省)の出身。後漢末期,黄巾(こうきん)の乱後の大混乱期に各地で群雄がそれぞれの勢力を結集し始めたころ,同郡の劉備(りゆうび)が親分となって俠客やチンピラ(当時の言葉で〈年少〉とか〈少年〉とかいう)を集めると,関羽とともに劉備に兄事し,その護衛にあたった。彼らは兄弟のような関係,つまり義兄弟関係でつながり,張飛はその中でもっとも年下の弟であった。山東省・江蘇省一帯や荆州(湖北省)での戦いに,終始劉備のために奮戦し,一騎万人に当たる勇猛さによって関羽とならび称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうひ【張飛】

?~221) 中国、三国時代の蜀の武将。関羽とともに劉備に仕え、魏・呉と戦って武功をたてたが、のち部下に殺された。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

張飛
ちょうひ
(?―221)

中国、三国蜀(しょく)の武将。(たく)郡(河北省県)の人。字(あざな)は益徳(えきとく)。諡号(しごう)は桓(かん)侯。劉備(りゅうび)と同郷で、備が兵をおこすと関羽(かんう)とともに参加し、以後行動をともにした。関羽より数年の年少であったので、羽に兄事した。208年、魏(ぎ)の曹操(そうそう)が南下すると、荊州(けいしゅう)にいた劉備は南に逃れるが、このとき、当陽の長坂(ちょうはん)橋上(湖北省当陽県)で、矛(ほこ)を横たえ目をいからし「我は張益徳なるぞ、きたりてともに死を決すべし」と叫んだのは有名である。劉備が入蜀すると、これに同行したが、益州牧の劉璋(りゅうしょう)の任じていた巴(は)郡太守厳顔(げんがん)と対戦し、顔の璋に対する忠節に感じて彼を賓客にした。劉備は張飛を巴西(はせい)太守に任命して、魏の将張(ちょうこう)の巴西侵入を防いで功があった。彼は勇猛であり、平生部下をあわれまぬところがあり、つねに鞭(むち)打っていたので、備はいつもこのことを飛に注意していた。備の対呉戦争に同行する準備の最中に、部下の手にかかって殺された。備は飛からの使者と聞いて、ただちにその死を予感したという。[狩野直
『狩野直著『諸葛孔明』(1966・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

張飛の関連キーワード副市町村長ソテル世界銀行国際海事機関IMO腎臓移植クラフトビールミャンマー総選挙(2015年)山谷地区夕張市の財政再建計画の変更

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

張飛の関連情報