コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

【けい】康 けいこう

1件 の用語解説(【けい】康の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

【けい】康【けいこう】

中国,三国時代の魏の思想家。字は叔夜。阮籍(げんせき)と並んで〈竹林の七賢〉の中心人物。司馬氏の専横に仮借ない批判を浴びせる一方,老荘思想に沈潜して,〈養生(ようせい)論〉〈山巨源に与えて交わりを絶つ書〉〈幽憤詩〉〈声無哀楽論〉などの文業を残した。
→関連項目玄学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

【けい】康の関連キーワード王弼韓非尸子司馬懿荀子慎到申不害鄒衍嵆康曹魏

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone