コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阮籍 げんせき Yuan Ji

6件 の用語解説(阮籍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阮籍
げんせき
Yuan Ji

[生]建安15(210)
[没]景元4(263)
中国,三国時代の魏の思想家,文学者。陳留 (河南省開封県) の人。字,嗣宗。父阮 瑀 (げんう) は「建安七子」の一人。魏の太尉蒋済の尚書郎となったが,のち司馬氏のもとで歩兵校尉にまで進んだことで,阮歩兵とも呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げん‐せき【阮籍】

[210~263]中国、三国時代の魏の思想家・文人。陳留(河南省)の人。字(あざな)は嗣宗。竹林の七賢の一人。酒を好み、礼法を無視し、白眼青眼の故事で有名。老荘の学を好み、「達荘論」「大人先生伝」を著した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阮籍【げんせき】

中国,三国時代魏の詩人,老荘哲学者。竹林(ちくりん)の七賢の巨魁(きょかい)。政界に絶望,老荘と神仙の世界に逃避し,音楽と清談で憂悶(ゆうもん)を慰めた。形式的礼法に反抗,方外の士には青眼で迎え,礼法の士には白眼で接したという。
→関連項目玄学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げんせき【阮籍 Ruǎn Jí】

210‐263
中国,魏の詩人。老荘哲学者としても特異な存在であった。字は嗣宗。陳留(河南省)の人。嵆康(けいこう)とともに〈竹林(ちくりん)の七賢〉の中心的な存在で,常識の意表をつく奇矯な発言と奔放な態度で世人を驚かせたが,その裏には社会の偽善や退廃に対する逆説的な批判精神がこめられていた。司馬氏の簒奪(さんだつ)が進められる魏末の恐怖政治下にあって,目覚めた意識を持つ者としての苦悩をつぶさになめながら,韜晦(とうかい)した生きかたを貫き通した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんせき【阮籍】

210~263) 中国、三国時代の魏の文人・思想家。字あざなは嗣宗しそう。老荘思想を好み、嵆康けいこうとともに「竹林の七賢」の中心的人物。奇行で知られ、特に、俗物を白眼で迎えた話は有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阮籍
げんせき
(210―263)

中国、三国魏(ぎ)の文人。字(あざな)は嗣宗(しそう)。陳留郡尉氏(河南省)の人。「竹林(ちくりん)の七賢」の領袖(りょうしゅう)として知られている。後漢(ごかん)の名門豪族の出身。父の阮(げんう)(?―212)は、建安七子の一人で、曹操(そうそう)に仕えた。阮籍の酒と奇行の自己韜晦(じことうかい)は、老荘思想をバックボーンにしているが、内的苦渋にまみれたものであった。魏末社会は、のちに晋(しん)の王室を開く司馬氏の勢力がしだいに拡大し、王朝交代に伴う政治的危機が噴出した。司馬氏は阮籍に対して好意的であり、彼も歩兵校尉の官についたりしたが、権力を巡る人間の醜悪は、阮籍の絶望感を深め、老荘思想への根源的な到達を促した。「大人(たいじん)先生伝」や「達荘論」はその思想的著作であり、後世の連作詩の先駆となった「詠懐詩」八十数首は孤独な魂の表白である。[成瀬哲生]
『松本幸男著『阮籍の生涯と詠懐詩』(1977・木耳社) ▽吉川幸次郎著『阮籍の「詠懐詩」について』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阮籍の言及

【玄学】より

…何晏や王弼の学風は,かれらが正始時代(240‐248)に活躍したところから〈正始の音〉とか〈正始の風〉とかよばれて後世の清談家たちから慕われたが,その一方,西晋の裴頠(はいき)の〈崇有論〉や東晋の王坦之の〈廃荘論〉はかれらの哲学的立場を批判し,また東晋の范寧(はんねい)の〈王弼何晏論〉は,仁義礼楽の破壊者として2人の罪をそしった。何晏や王弼にややおくれてあらわれた竹林の七賢(七賢人)の巨頭である阮籍(げんせき)は《通易論》《通老論》《達荘論》等を,おなじく嵆康(けいこう)は《釈私論》《声無哀楽論》等を著して,老荘的自然の立場から儒家的名教をするどく批判した。これら玄学者たちがとりあげたテーマは,たとえば〈声無哀楽論〉や〈言不尽意論〉のように,清談家の哲学的談論にとりあげられた場合がすくなくない。…

【詩】より

…世に〈建安文学〉とよばれるこの時期こそ,詩史上の画期とみなすべきである。〈建安〉の詩人たちに続いて現れたのは,〈竹林の七賢〉の領袖であった阮籍(げんせき)と嵆康(けいこう)である。彼らの生きた時代は,司馬氏が魏を簒奪して西晋を興す時期に当たるが,その詩は当時の暗い世相を背景に,真摯(しんし)な深い思索に裏打ちされた哲学的なものであった。…

【七賢人】より

…ローマ帝国時代には,個々の賢人や七賢人全員の肖像をモザイクや壁画に描くことが流行した。【藤縄 謙三】(2)中国,三国の末期,放達の行為で知られた7人の自由人,すなわち阮籍(げんせき),嵆康(けいこう),山濤(さんとう),王戎(おうじゆう),向秀(しようしゆう),阮咸(げんかん),劉伶(りゆうれい)。一般に〈竹林の七賢〉とよばれるのは,嵆康の郷里の山陽(江蘇省淮安県)の竹林にあつまって酒をくみかわし,談論にふけったからである。…

【大人先生】より

…中国,晋の阮籍(げんせき)(210‐263)の《大人先生伝》に描かれた道家的哲理の体得者。天地造化と一体となり何ものにもとらわれない“道”の世界に飛翔する大人先生は,儒教的倫理や世俗的価値観にとらわれて真の人生の何たるかを見失いながら,みずからは悟らず得々として恥じない名教の徒を褌(ふんどし)の中を世界のすべてと心得るシラミにたとえて否定しさるが,それは当時の世相に対する阮籍の鋭い批判でもあった。…

【中国文学】より

…この800年間で最大の長編物語詩《孔雀(くじやく)東南飛》も建安年間の作といい,五言詩の成熟を示す。魏の阮籍(げんせき)は〈詠懐詩〉82首において,その疑問をさらにつきつめた形で提出し,いっそう思索的な孤独の詩人で独自の風格を有した。その後も詩人は続々出て,技巧はますますみがかれ,典故は多く用いられ,対句の構成も増加する。…

※「阮籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阮籍の関連キーワード王弼何晏クラーゲス邵雍曹植兪平伯嵆康杜詩タオイズムシュリ・プリュドム

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone