コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老荘思想 ろうそうしそうLao-Zhuang-si-xiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老荘思想
ろうそうしそう
Lao-Zhuang-si-xiang

老子と荘子の思想を合せた学。一般には,道家思想と同義に用いる。「老荘」あるいは「荘老」という称呼は,魏晋時代から盛んに用いられるようになった。それ以前には必ずしも老子と荘子を結びつけてはいず,前漢の黄老思想のように,黄帝と老子とが結びつけられている場合もある。老子と荘子を愛好する風潮は魏晋以後の六朝時代を通じて盛んであり,清談や仏教の般若空の解釈などにも老荘思想が取入れられた。老子と荘子は,ともに無為を尊び,道を理想とする点で共通しているが,その考え方は互いに異なる。老子は無為を政治や処世や保身の術として説き,現実的で功利的な傾向が強い。荘子は形而上学的思弁や虚静無為の心境,あるいは礼法にとらわれない自由な生き方を説き,内省的で超俗的な色彩が濃い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

老荘思想【ろうそうしそう】

老子荘子の哲学を奉じる道家および後世の思想文化の総称。魏晋時代には老荘思想を体現するために隠逸・逸民となり,権勢利欲の世界からのがれて琴酒諷詠の文人生活を送る者がいた。
→関連項目南学仏教無為自然六朝文化六韜三略

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうそうしそう【老荘思想 Lǎo Zhuāng sī xiǎng】

老荘とは,中国戦国時代の道家の巨匠老子荘子である。老子はその実在が疑問視されてはいるが,荘子とともにの国の人といわれる。宋は周によって滅された殷王朝の末裔が建てた国で,古い文化的伝統を有する一方,長らく被征服民族としての悲哀と屈辱をなめてきたため,彼らの思想は他を支配することよりおのれの保身を第一とする,いわば弱者の処世術,しいたげられた者の生活の知恵を根底にもっていた。かかる思想文化の伝統はおのずから老荘思想の性格に影を落としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろうそうしそう【老荘思想】

中国、道家の説に基づき三、四世紀の魏晋ぎしん時代に流行した思想。社会不安と儒家に対する反動から、老子・荘子を尊び超俗的な説を展開、清談の風を生じた。のち道教の要素となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老荘思想
ろうそうしそう

中国の伝統思想。老子(ろうし)と荘子(そうし)をあわせた名称で、儒教を孔孟(こうもう)の教えとよぶように、道家(どうか)思想をさしていうときもある。ただ老荘を折衷して一つにまとめられた思想としての意味も強く、それがむしろ重要である。老子と荘子の思想は、もともと類似性はありながらもはっきりした違いがあり、老子では現実関心が強くて世俗的な成功主義も視野のなかにあるが、荘子では現実にとらわれないでそれを超え出る宗教的解脱(げだつ)の境地がある。それが荘子の後学によって融合され、『淮南子(えなんじ)』で初めて「老荘」という語が現れ、やがて魏晋(ぎしん)の時代(3世紀)になって、老荘思想の流行時代となった。『老子』の注が荘子の立場から書かれ、『荘子(そうじ)』の注も老子の語を交えて多くつくられたが、それに『易(えき)』を加えた三書を三玄(さんげん)とよんで尊重することも行われた。老荘の思想はこの時代に王弼(おうひつ)(226―249)によって「無」の哲学として成立した。貴族たちはその清談のなかで老荘の語を好んで用い、ときに権力に対する抵抗のよりどころともしたが、おおむねはその超俗的な境涯に個人的な慰安をみいだした。この後、隠遁(いんとん)思想に支柱を与え、宗教や芸術とのかかわりのなかでも生かされていくことになる。[金谷 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の老荘思想の言及

【中国思想】より

… 漢の王朝は,秦の弾圧政策が人心を失ったことに省みて,その初期の70余年間は自由放任の政策を採った。そのためこの時期には道家の老荘思想が全盛を極めた。老荘は無為自然を理想とするが,政治的には自由放任の立場となって現れる。…

【中国哲学】より


[六朝時代]
 後漢につづく400年間の六朝は,漢代の哲学不毛の時代とは対照的に,老荘や仏教を中心として哲学的関心が著しく高まった時期である。まずそれは老荘思想の流行となって現れる。魏の王弼(おうひつ)の《老子注》,西晋の郭象の《荘子注》は,注釈の形を借りながら独自の哲学を展開したもので,六朝のみならず後世を通じて愛読された。…

※「老荘思想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

老荘思想の関連キーワード【けい】康ニヒリズム小柳司気太山本 飼山中山 通幽シュテール竹林の七賢石川寒厳度会行忠佚斎樗山山本飼山篁牛人神仙説太玄経玄言詩道釈画李鼎祚聖遊廓菜根譚韓非子

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老荘思想の関連情報