コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あいだちなし アイダチナシ

デジタル大辞泉の解説

あいだち‐な・し

[形ク]
おもしろみがない。無愛想である。
「心よからず―・きものに思ひ給へる」〈夕霧
遠慮がない。ぶしつけだ。
「世を思ひ給へ乱るることなむまさりにたると―・くぞうれへ給ふ」〈宿木
[補説]語源は「愛立つことなし」のか。一説に「あいだち」は間隔の意の「あひだち(間立ち)」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

あいだちなしの関連キーワードあいだてないきものなむ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android