コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あさぢが露 あさぢがつゆ

百科事典マイペディアの解説

あさぢが露【あさぢがつゆ】

鎌倉時代の物語。作者は近年藤原為家説が提出されているが,仮説の域を出ない。《狭衣物語》の飛鳥井姫君のような薄幸の姫君を踏襲しつつ最後に栄華を用意する点,出家得道に重きが置かれている点,父と子の結び付きが強い点に特徴がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

あさぢが露の関連キーワード無名草子鎌倉時代細蟹

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android