コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚侍 ショウジ

4件 の用語解説(尚侍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じ〔シヤウ‐〕【尚侍】

《「しょうし」とも》
明治・大正時代の、宮中女官の最高の官名。
ないしのかみ(尚侍)

ないし‐の‐かみ【尚侍】

内侍司(ないしのつかさ)の長官。もと従五位相当、のち従三位相当。天皇に近侍して、奏請・伝宣などをつかさどったが、のちには女御(にょうご)更衣(こうい)に準じて後宮に列するようになった。しょうじ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじ【尚侍】

〔「しょうし」とも〕
律令制で、内侍司ないしのつかさの長官かみ。ないしのかみ。
明治・大正時代の宮中の最上位の女官。

ないしのかみ【尚侍】

内侍司の長官。初め従五位相当、のち従三位相当。しょうじ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尚侍の言及

【内侍司】より

…後宮内の中心的な司であった。職員としては尚侍(ないしのかみ)2名,典侍(ないしのすけ)4名,掌侍(ないしのじよう)4名,女孺(によじゆ)100名が置かれた。その職掌は天皇への常侍,奏請・宣伝(上申および命令の下達),女孺の監督,内外命婦(みようぶ)の朝参のこと,禁内礼式等であった。…

※「尚侍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone