あずま言葉(読み)あずまことば

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上代において遠江 (とおとうみ) 以東で関東地方を中心とする地域に行われた方言総称東国方言ともいう。そのおもな資料は『万葉集』巻十四「東歌 (あずまうた) 」,巻二十「防人歌 (さきもりのうた) 」である。それによると,奈良時代の東国方言は,(1) 命令形にロのつく形が使われた,(2) 打消しの助動詞ナフが用いられた,(3) 形容詞連体形はケのつく形であった (「悲シケ」など) ,(4) 動詞連体形がオ段で終った (「降ロ雪〈ヨキ〉」など) ことなどが知られる。これらの特徴のうち,(1) はいまの東部方言に全般的にみられるし,(2) ~ (4) も周辺東部諸方言に散発的に認めることができる。また,下総常陸下野,武蔵の歌には,大和の「知 (チ) 」に対し「之,志」が用いられているところから,すでに子音が破擦音化して[tsa_ri]のようになっていたのではないかと推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android