コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あつち死に アツチジニ

デジタル大辞泉の解説

あつち‐じに【あつち死に】

《「あつち」は、跳ね回る意の動詞「あつつ」の連用形からか》身もだえし、跳ね回って死ぬこと。
「悶絶躃地(もんぜつびゃくち)して、遂に―ぞし給ひける」〈平家・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あつちじに【あつち死に】

〔「あつち」は動詞「あつつ」の連用形〕
もだえ惑乱し、跳ね回って死ぬこと。 「悶絶躃地びやくじして、遂に-ぞし給ひける/平家 6

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あつち死にの関連キーワード悶絶躃地

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android