あとはか

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐はか

〘名〙 (下に否定の形を伴う) (通ったという)手掛かりになる足跡。しるしとなる足跡。跡形。→あとはかなし
※古今(905‐914)冬・三二九「雪降りて人もかよはぬ道なれやあとはかもなく思ひ消ゆらん〈凡河内躬恒〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android