跡形(読み)アトカタ

精選版 日本国語大辞典の解説

あと‐かた【跡形】

〘名〙 (何かが)あったというしるし。あとに残ったしるしや形、証拠、印象など。形。痕跡(こんせき)。→あとかた(も)無い
※玉塵抄(1563)四「ここにそれがいたと云あとかたはあれども」
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉一「面貌(かほだち)を見識ってゐればゐるほど、浮びにくくて、其印象(アトカタ)が判然しない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

跡形の関連情報