あべ槇(読み)あべまき

精選版 日本国語大辞典「あべ槇」の解説

あべ‐まき【あべ槇】

〘名〙 ブナ科の落葉高木。本州中部以西、主に山陽地方の山地に生え、高さ二〇メートルに達する。樹皮には深い縦の割れ目があり、約一〇センチメートルの厚いコルク層をもつ。初夏、黄褐色の小さい花が尾状の穂となって咲く。樹皮はコルク、材は器具、薪炭材とするほかシイタケ栽培の原木ともなる。あべくぬぎ。コルクくぬぎ。おくぬぎ。わたくぬぎ。わたまき。くりがしわ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android