コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あゝ玉杯に花うけて ああぎょくはいにはなうけて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

あゝ玉杯に花うけて
ああぎょくはいにはなうけて

佐藤紅緑(こうろく)作の少年小説。講談社発行の少年雑誌『少年倶楽部(くらぶ)』に1927年(昭和2)5月号から翌年4月号まで連載され、大衆児童文学における現代小説の達成を示した。貧しい家に生まれた青木千三少年が、友情に助けられながら向学心を貫き通すという筋に、金持ちの家に育った不良少年阪井巌(いわお)の純情と悔悟を織り交ぜたもの。美しい友情、立身出世主義、「艱難汝(かんなんなんじ)を玉にす」のモラルなど、紅緑の少年少女小説の思想がすべて典型的な形で表されており、当時の少年たちから愛読された。題名は旧制第一高等学校の寮歌による。[上笙一郎]
『『佐藤紅緑全集 上』(1967・講談社) ▽加藤謙一著『少年倶楽部時代』(1968・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ああぎょくはいにはなうけて【あゝ玉杯に花うけて】

佐藤紅緑の児童文学作品。「少年倶楽部」誌に昭和2年(1927)5月号から翌年4月号まで連載。理想に向かって努力する少年たちの友情を描いて人気を博した。単行本は昭和3年(1928)刊行。題名は、第一高等学校寮歌の歌詞から。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

あゝ玉杯に花うけての関連キーワードティーンズノベル斎藤 五百枝少年俱楽部

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あゝ玉杯に花うけての関連情報