佐藤紅緑(読み)さとう こうろく

百科事典マイペディアの解説

佐藤紅緑【さとうこうろく】

小説家,俳人。本名洽六(こうろく)。青森県弘前生まれ。弘前中中退。陸羯南の世話で《日本》記者となり,以後いくつかの新聞につとめた。正岡子規に俳句を学ぶ。小説《行火》(1906年)その他で自然主義の作家として認められたが,家庭小説に転じ,また《あゝ玉杯に花うけて》など少年少女小説を書いた。詩人サトウ・ハチロー,小説家佐藤愛子はその子。
→関連項目佐藤惣之助千家元麿ホトトギス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤紅緑 さとう-こうろく

1874-1949 明治-昭和時代の俳人,小説家。
明治7年7月6日生まれ。サトウハチロー,佐藤愛子の父。正岡子規に俳句をまなぶ。明治39年小説「行火(あんか)」でみとめられ,のち家庭小説に転じ,「あゝ玉杯に花うけて」「英雄行進曲」など少年少女向けの作品で人気をえた。昭和24年6月3日死去。76歳。青森県出身。弘前中学中退。本名は洽六(こうろく)。作品はほかに「少年讃歌(さんか)」「一直線」など。
【格言など】二人行けど秋の山彦淋しけれ(「紅緑句集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さとうこうろく【佐藤紅緑】

1874~1949) 劇作家・小説家。弘前市生まれ。本名、洽六こうろく。正岡子規門下の俳人として出発。のち創作に転じ、大衆小説を書く。特に「あゝ玉杯に花うけて」「英雄行進曲」など少年小説に新生面を開いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤紅緑
さとうこうろく

[生]1874.7.6. 弘前
[没]1949.6.3. 東京
俳人,小説家。本名,洽六 (こうろく) 。中学中退後上京し陸羯南 (くがかつなん) の書生を経て新聞記者となった。一方,正岡子規の門に入り『俳句小史』 (1902) ほかの俳論書を刊行。 1906年発表の小説『行火 (あんか) 』,戯曲『侠艶録』により当時全盛の自然主義の新人として認められたが,次第に義理人情の世界を描く大衆小説に転じて,『虎公』 (15) ,『麗人』 (30) に代表される新聞小説を多く書いた。さらに『あゝ玉杯に花うけて』 (27~28) の爆発的成功により少年少女小説に新生面を開いた。作風は総じて複雑な社会を正義感を貫いて乗切る行動性で貫かれ,社会小説の先駆者ともいわれる。詩人サトウ・ハチロー,小説家佐藤愛子の父。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤紅緑
さとうこうろく
(1874―1949)

小説家、劇作家。本名洽六(こうろく)。青森県弘前(ひろさき)市の生まれ。旧制弘前中学中退。上京して新聞記者となり正岡子規(まさおかしき)を知る。俳人として認められるが、1906年(明治39)に脚本『侠艶録(きょうえんろく)』が新派で上演されて好評を博した。その後しだいに小説に専念、『虎公(とらこう)』(1914)、『桜の家』(1917)、『大盗伝』(1921)、『荊(いばら)の冠(かんむり)』(1922)、『富士に題す』(1930)など、家庭小説の系統を引く、社会小説的な色彩の大衆小説を書く。昭和に入ってからは少年少女小説も多く、ことに『あゝ玉杯(ぎょくはい)に花うけて』(1927~28)は、少年の友情を描いて、その掲載誌である『少年倶楽部(くらぶ)』の読者を熱狂させた。ほかに『少年讃歌(さんか)』(1929)、『英雄行進曲』(1934)、『莢竹桃(きょうちくとう)の花咲けば』(1930~31)などがある。詩人のサトウ・ハチロー、小説家佐藤愛子はその子である。[上笙一郎]
『『少年倶楽部名作 佐藤紅緑全集』上下(1967・講談社) ▽佐藤愛子著『花はくれない・小説佐藤紅緑』(1967・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さとう‐こうろく【佐藤紅緑】

小説家。本名洽六(こうろく)。青森県出身。サトウハチローの父。初め俳句を学んだが、明治三九年(一九〇六)脚本「侠艷録」が上演されて以来、自然主義系の劇作家、小説家として活躍、のち通俗小説に転じた。少年小説でも有名。作品に「虎公」「あゝ玉杯に花うけて」など。明治七~昭和二四年(一八七四‐一九四九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐藤紅緑の関連情報