いけず(読み)イケズ

デジタル大辞泉の解説

いけ‐ず

[名・形動]
(関西地方で)意地が悪いこと。また、そういう人や、そのさま。「いけずなことばかり言う」
《近世上方語》悪人。ならず者。
「今も今とて―たちがわっぱさっぱ」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いけず

( 名 ・形動 )
〔「行けず」の意から。関西地方でいう〕
意地の悪いさま。にくたらしいさま。また、その人。 「 -な男」
悪人。ならず者。 「今も今とて-達がわつぱさつぱ/浄瑠璃・夏祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いけ‐ず

〘名〙 (形動)
① 意地の悪いこと。心がねじけていること。また、その人やそのさま。いかず。
※咄本・軽口ひやう金房(1688‐1704)三「楊貴妃と云美人は、柚の香ひすると云事をきいて、去いけずのむすめ、常にふところに柚を入けり」
② たちのよくないこと。また、その人やそのさま。悪人。
浄瑠璃・夏祭浪花鑑(1745)六「今も今迚(とて)いけず達がわっぱさっぱ」
③ 不良じみたこと。また、そのさま。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉八「あの人酔ははったら、何時もあのやうにいけずしやはりまんのか」
④ 贋金(にせがね)など通用しない貨幣。〔両京俚言考(1868‐70頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いけずの関連情報