コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いけず イケズ

デジタル大辞泉の解説

いけ‐ず

[名・形動]
(関西地方で)意地が悪いこと。また、そういう人や、そのさま。「いけずなことばかり言う」
《近世上方語》悪人。ならず者。
「今も今とて―たちがわっぱさっぱ」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いけず

( 名 ・形動 )
〔「行けず」の意から。関西地方でいう〕
意地の悪いさま。にくたらしいさま。また、その人。 「 -な男」
悪人。ならず者。 「今も今とて-達がわつぱさつぱ/浄瑠璃・夏祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

いけずの関連キーワードラテンアメリカ調整特別委員会宇治川の先陣争い宇治川の先陣ガールボルグわっぱさっぱ摺墨・磨墨佐々木高綱新型うつ病宇治川の戦校内暴力ならず者Jリーグ川上眉山時代後れ自由主義膏薬煉誉池月アヤラ宇治川浄瑠璃

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いけずの関連情報