いばり

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐ばり

〘名〙 鋳型から取り出した鋳物についている薄いひれ状の突起。鋳型の合わせ目などに溶けた金属が流れ込み、そのまま凝固してできたもの。
※新能率生活(1945)〈上野陽一〉品質のヨサ━質の問題「イガタの合はせ目にできるイバリをとるのは、マア仕方がないとして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いばりの関連情報