うすもの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うすもの
うすもの / 羅

薄織の絹布の総称で、絽(ろ)、紗(しゃ)、明石(あかし)、越後上布(えちごじょうふ)のような生地でつくった夏用の単衣(ひとえ)の衣類をいう。「軽羅(けいら)」「薄絹(うすぎぬ)」「薄機(うすばた)」の意で、『日本書紀』にすでにみられるように、きわめて古くから衣料として用いられたらしく、『延喜式(えんぎしき)』にもしばしば現れている。下着が透けて見え、たいへん涼しげで、夏を彩る代表的な風物となっているといってよい。
 俳諧(はいかい)では夏の季語で、『ひさご』(1690年序)に「羅に日をいとはるゝ御かたち」(曲水)などとある。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のうすものの言及

【紗】より

…紗はと同様に,中国においてきわめて古い歴史をもつと考えられるが,羅より一層耐久性に乏しいためか,漢から隋・唐にかけて出土する羅ほど多くの例をみない。日本では平安以降〈うすもの〉と称して,装束類の夏衣料に広く活用されてきた。無紋の紗を〈素紗〉,文様を織り出したものを〈紋紗〉といい,さらに紋紗は地を紗織とし文様を平組織とした〈顕紋紗〉と,地を平組織として文様を紗織とした〈透紋紗〉とに分けられる。…

【綟り織】より

…すなわち振綜絖(ふるえそうこう)という特殊装置を用いることによって,〈搦み経(からみだて)〉が他の糸〈地経(じだて)〉の左右に転じつつ織製されるもので,(ろ),縠(こめ)織などがこの種の織物に属する。薄いレース状の外観から〈うすもの〉と呼ばれて珍重され,各種の紋織物や染に応用されている。織物の三原組織(平織,綾織,繻子(しゆす)織)にこの綟り織を加え,四原組織と呼ぶほど,基本的な織組織とされている。…

※「うすもの」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android