コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うらみのすけ うらみのすけ

1件 の用語解説(うらみのすけの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うらみのすけ
うらみのすけ

仮名草子。作者未詳。2巻。慶長 14 (1609) 年以後に成る。同9年6月京都清水の万灯会に,葛の恨之介が,豊臣秀次の家来木村常陸の遺姫で近衛殿の養女である雪の前を見そめ,服部荘司の後家を介して艶書を送り一夜の契りを結ぶ

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うらみのすけの関連キーワード仮名草子福富草子恨之介仮名本新語園恨の介恵中苗村常伯作者未詳歌《見ぬ世の友》(仮名草子)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone