コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恨之介 ウラミノスケ

デジタル大辞泉の解説

うらみのすけ【恨之介】

仮名草子。2巻。作者未詳。慶長14年(1609)以後の作。葛(くず)の恨之介と、近衛殿の養女雪の前との悲恋物語。近世初期の風俗・風潮をよく反映した作品とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらみのすけ【恨之介】

仮名草子。二巻。作者未詳。慶長年間(1596~1615)成立。関東の武士、葛の恨之介と木村常陸介の遺子、雪の前との悲恋物語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恨之介
うらみのすけ

仮名草子。2巻2冊。作者未詳。1612年(慶長17)ごろの成立。慶長(けいちょう)9年6月10日、清水(きよみず)観音の万灯会(まんとうえ)のおり、葛(くず)の恨之介は、関白秀次の家老木村常陸(ひたち)の忘れ形見である雪の前を見初め、仲立ちを通して恋文を送る。恋は成就して一度は契りを結ぶが、恨之介はその後の出会いがままならぬことに耐えかね、最後の文を残して焦がれ死ぬ。雪の前もまたその文を見て悲しみに耐えかねて死に、仲立ちの者たちも後を追って自害する、という筋。物語の展開は中世恋物語の常套(じょうとう)を出ているとはいえないが、当時の風俗や話題、時代の風潮を取り入れた新鮮さによって好評を博し、初期仮名草子の代表作の一つと称するに足る作品となっている。[谷脇理史]
『前田金五郎校注『日本古典文学大系90 仮名草子集』(1965・岩波書店) ▽野田寿雄校注『日本古典全書 仮名草子集 上』(1960・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恨之介の関連キーワードうらみのすけ木村常陸介仮名草子仲立ち遺子

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android