えいえいおう

精選版 日本国語大辞典「えいえいおう」の解説

えいえい おう

① (大勢で)気勢をあげる時の声。
※虎明本狂言・髭櫓(室町末‐近世初)「ひげをぬかれておとこはそのまま入、女はひげをさしあげ、ゑいゑいおふと云て入也」
② 戦場における(とき)の声。
※浄瑠璃・本領曾我(1706頃)一「前代みもんの名鳥、ゑいゑいあふとほめあげて、しばしは鳴りも静(しづ)まらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「えいえいおう」の解説

えいえい‐おう

[感]士気を鼓舞したり、戦いの開始を告げたりするために発する掛け声。「えいえいおうと鬨(とき)の声をあげる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android