おばいけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おばいけ
おばいけ

関西方面で用いられる「さらしくじら」の名称。とくに山口県下には昔から優れたくじら料理が多くあり、かつては「おばいけ」の呼び声が「おばけ」に聞こえ、名物になっていた。おばいけは尾羽(おば)の部分を薄く切り、湯煮して脂肪を抜く。刺身はこれをそのまま用いる。和(あ)え物は酢みそ和えにすることが多く、付け合せにチシャの葉を用いることが特色になっている。薬味にワケギを用いると一段と味がよくなる。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android