コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お夏清十郎物 おなつせいじゅうろうもの

1件 の用語解説(お夏清十郎物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おなつせいじゅうろうもの【お夏清十郎物】

歌舞伎狂言,人形浄瑠璃の一系統。実説は分明でないが,1662年(寛文2)の事件という。播州姫路の但馬屋の手代清十郎は,主家の娘お夏と密通。暇を出された清十郎を追ってお夏も家出したが,結局捕らえられ清十郎は処刑されたといわれ,俗謡にも歌われ流布した。歌舞伎では,64年江戸中村座上演の記録がある。1690年(元禄3)1月大坂の市村香織・浪江小勘座では《但馬屋 おなつ清十郎 卅三年忌》が上演されている。近松門左衛門作の人形浄瑠璃《五十年忌歌念仏》(1707年以前大坂竹本座)への影響も推定される作である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

お夏清十郎物の関連キーワード義太夫隅田川物間の狂言操り狂言書替狂言歌舞伎狂言義太夫狂言狂言浄瑠璃佐倉義民伝浄瑠璃狂言

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone