お夏清十郎物(読み)おなつせいじゅうろうもの

世界大百科事典 第2版の解説

おなつせいじゅうろうもの【お夏清十郎物】

歌舞伎狂言,人形浄瑠璃の一系統。実説は分明でないが,1662年(寛文2)の事件という。播州姫路の但馬屋の手代清十郎は,主家の娘お夏と密通。暇を出された清十郎を追ってお夏も家出したが,結局捕らえられ清十郎は処刑されたといわれ,俗にも歌われ流布した。歌舞伎では,64年江戸中村座上演の記録がある。1690年(元禄3)1月大坂の市村香織・浪江小勘座では《但馬屋 おなつ清十郎 卅三年忌》が上演されている。近松門左衛門作の人形浄瑠璃《五十年忌歌念仏》(1707年以前大坂竹本座)への影響も推定される作である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android