コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お夏狂乱 おなつきょうらん

3件 の用語解説(お夏狂乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お夏狂乱
おなつきょうらん

歌舞伎舞踊曲。常磐津。 1908年坪内逍遙が『お夏物狂い』の題で『早稲田文学』に発表。 14年東京帝国劇場で,6世尾上梅幸により初演。作曲6世常磐津文字太夫,振付2世藤間勘右衛門。逍遥による新舞踊の代表作の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おなつきょうらん【お夏狂乱】

歌舞伎舞踊。常磐津。坪内逍遥作詞,2世常磐津文字兵衛作曲。1914年9月東京帝国劇場でお夏を6世尾上梅幸,馬士を7世松本幸四郎により初演。台本は井原西鶴の《好色五人女》に材をとり舞踊劇革新の意図で作ったもの。1908年《お夏物狂い》として発表された。秋の野を清十郎恋しさに狂気となったお夏がさまよう。子どもらにからかわれたり,酔った馬士がからんだりする。演技面のみならず,大道具,鳴物,鬘などにも逍遥の思想が反映された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お夏狂乱
おなつきょうらん

歌舞伎(かぶき)舞踊劇。常磐津(ときわず)。坪内逍遙(しょうよう)作詞、2世常磐津文字兵衛(もじべえ)作曲、2世藤間勘右衞門(かんえもん)振付け。1914年(大正3)9月東京・帝国劇場で6世尾上(おのえ)梅幸のお夏、7世松本幸四郎の馬士(まご)により初演。お夏清十郎の情話に取材し、恋人清十郎に死別して乱心したお夏が秋の田舎(いなか)道をさまよう姿を、里の子、酔った馬士、順礼の老夫婦などを配して詩情豊かに哀れに描く。「新楽劇論」で日本舞踊の芸術的改革を提唱した逍遙が、自己の理論の実践を試みた作品で、好評を得て、いわゆる新舞踊の代表作となった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お夏狂乱の関連キーワード日本舞踊蜘蛛の糸釣女薄雪歌舞伎狂言坪内常磐津うかれ坊主瓢箪鯰良寛と子守

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お夏狂乱の関連情報