お炒り(読み)おいり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お炒り
おいり

鳥取県一帯でよくつくられる保存食。食べ残した飯を板の上や簾(すだれ)の上に散らして、天日で乾かしておく。これは保存食としていつでも必要に応じて炒ることができる。また玄米をあらかじめ重曹を加えて煮て乾かしておくこともあり、炒ると柔らかくなるので、老人、子供向きである。またキビや黒豆も炒って混ぜ合わせることもある。このようにすべての材料を炒るため「お炒り」の名がつけられた。熱いお炒りの中に、飴(あめ)に砂糖を少々加えたものを入れて熱し、器に流し込んで固める方法もある。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android