重曹(読み)じゅうそう

精選版 日本国語大辞典「重曹」の解説

じゅう‐そう ヂュウサウ【重曹】

〘名〙 (「重炭酸ソーダ(曹達)」の略) ソーダ灰製造の中間製品で、医薬品、粉せっけん、ベーキングパウダー、消火剤などに用いられる。重炭酸ナトリウム。炭酸水素ナトリウム。
※風俗画報‐三三一号(1906)広告「胃病根治剤〈略〉皆一時の苦痛を凌ぐ制酸剤(即ち重曹、マグネシヤ、苦味剤の如き〈略〉旧式売薬)のみにして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「重曹」の解説

重曹
ジュウソウ
sodium hydrogencarbonate

炭酸水素ナトリウムNaHCO3(84.01)の俗称.重炭酸ソーダの略称.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の重曹の言及

【炭酸水素ナトリウム】より

…酸性炭酸ナトリウムともいう。Na1mol当りの発生CO2の量が正塩Na2CO3の2倍であることから,重炭酸ナトリウム,重炭酸ソーダsodium bicarbonate(重曹(じゆうそう)と略称)などの俗称もある。天然にはナーコ石nahcolite(成分元素からのNaHCO‐liteに由来)として産出する。…

※「重曹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android