お話し会(読み)おはなしかい(英語表記)story hour

図書館情報学用語辞典の解説

お話し会

児童図書館で子どもを対象にストーリーテリングを行う集い.お話し会の意義として,子どもに対して読書する素地を作る,本への興味を育てることのほか,図書館員と子どもの関係を育てる,図書館員のストーリーテリングの訓練があげられる.お話し会は,定期的に開催し,30分位の時間で,10名から30名ほどの子どもたちに1,2話語るのが一般的であり,詩や指遊び,絵本のストーリーテリングなどを入れることもある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お話し会の関連情報