コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かっぽ酒 かっぽざけ

1件 の用語解説(かっぽ酒の意味・用語解説を検索)

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

かっぽざけ【かっぽ酒】


宮崎県高千穂町の名物で、青竹の筒に日本酒あるいは焼酎を入れ、囲炉裏焚き火で燗(かん)をつけたもの。青竹の油分が酒にしみ出て独特の風味になる。山の清水を青竹で沸かし茶を飲んだのがはじまりとされる。◇酒をつぐときにかぽかぽと音がすることから。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かっぽ酒の関連キーワード宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸宮崎県西臼杵郡高千穂町押方宮崎県西臼杵郡高千穂町上岩戸宮崎県西臼杵郡高千穂町上野宮崎県西臼杵郡高千穂町河内宮崎県西臼杵郡高千穂町五ケ所宮崎県西臼杵郡高千穂町下野宮崎県西臼杵郡高千穂町田原宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井宮崎県西臼杵郡高千穂町向山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かっぽ酒の関連情報