かなぐる

大辞林 第三版の解説

かなぐる

( 動四 )
荒々しく取り去る。 「死にし人の髪を-・り抜き取るなりけり/今昔 29
荒々しく払いのける。 「腹だち-・りて起くれば/落窪 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

かなぐ・る

[動ラ五(四)]荒々しく払いのける。また、引っ張りとる。
「―・るようにして、其の細帯を解きかけた」〈鏡花高野聖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かなぐ・る

〘他ラ四〙
① 荒々しく払いのける。
落窪(10C後)一「『いと愛敬なかりける心もたりける物かな』とて、腹だちかなぐりて起くれば、帯刀笑ふ」
浄瑠璃・東山殿子日遊(1681)一「少しは乱るる花すすき、穂には出ねど勝元も荒ららかにはかなぐらず」
② 荒々しく引きぬく。また、乱暴に奪いとる。ひったくる。
今昔(1120頃か)二九「死人の髪をかなぐり抜き取る也けり」
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「小女郎は表にはしり出、笠かなぐって」
[語誌](1)現代語では、「かなぐり捨てる」と複合形で用いるのが常である。
(2)古典語では、単独に用いるだけでなく、「捨つ」のほかにも、「落とす」「散らす」「取る」「抜く」などと複合する形もあり、また、「かなぐり付く」「かなぐり見る」のような、離脱とは反対の、接着する行為と関わる用法もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android