コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小女郎 コジョロウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐じょろう〔‐ヂヨラウ〕【小女郎】

女の子。少女
「―が、又はたと襖(ふすま)を立て切った」〈漱石草枕

こじょろう【小女郎】[人名]

浄瑠璃博多小女郎波枕(はかたこじょろうなみまくら)」の登場人物。京の商人小町屋惣七の愛人で、博多柳町の遊女

こ‐めろ【小女郎】

こめろう(小女郎)」の音変化。
「―がさげし風呂敷や」〈浄・大経師

こ‐めろう〔‐めラウ〕【小女郎】

小娘。少女。こめろ。
「腰元らしき―そばを離れず」〈浮・御前義経記・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こじょろう【小女郎】

少女。女の子。 「 -恋しとな、歌うて名乗りてお漕ぎやる/松の葉」

こじょろう【小女郎】

近松門左衛門作、人形浄瑠璃「博多小女郎波枕」に登場する遊女。小町屋惣七そうしちの恋人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小女郎の関連キーワード博多小女郎波枕毛剃九右衛門中中でもない間に合ひ言葉傾城歌三味線出立ち映えだんぼらぼ博多小女郎手前普請肩背苦しそがいに外方滅法放り出す百二十里ランケン大夫狂ひ衣装付き物言ひ伽こなん髪月代