かもよ

大辞林 第三版の解説

かもよ

( 連語 )
〔終助詞「かも」に間投助詞「よ」の付いたもの。上代語〕
詠嘆の意を表す。 「沖つ藻は辺には寄れどもさ寝床も与はぬ-浜つ千鳥よ/日本書紀 神代下
詠嘆の気持ちを込めて反語の意を表す。 「斯太の浦を朝漕ぐ舟はよし無しに漕ぐらめ-よしこさるらめ/万葉集 3430

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かもよの関連情報