コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

がてに がてに

大辞林 第三版の解説

がてに

( 連語 )
〔「かてに」の語源意識が薄れ「難し」の語幹と解されて生じた語。すでに上代から例がみられる〕
動詞の連用形に付いて、「…することができないで」の意を表す。 「桜散る花の所は春ながら雪ぞ降りつつ消え-する/古今 春下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

がてにの関連キーワード詐欺師フェーリックス・クルルの告白止まる・留まる・止る・留る・停まるかにもかくにも出でかてに寝ねがてに出でがてに待ちがたにてにをは羽振く平貞文さ走るかてに連用形詞玉緒皆人しも

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がてにの関連情報