コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かて カテ

デジタル大辞泉の解説

かて[接助・副助]

《係助詞「か」に接続助詞「とて」の付いた「かとて」の音変化。関西方言》
[接助]用言、助動詞「た」「ん(打消し)」の終止形や助詞「や」などに付く。
逆接の仮定条件を表す。たとえ…しても。「雨が降ったかて行きます」
逆接の確定条件を表す。…のに。…けれども。「呼んだかて返事せんかったやないか」
[副助]体言や格助詞に付く。…だって。…でさえ。「そない簡単な字やったら、子供かて読めるわ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かて

( 接助 )
〔「かてて」の転。近世上方語〕
活用語の連体形に付いて、逆接条件を表す。…といったって。…からとて。…にしても。 「刀を出した-、何の別に怖いことはないぞ/歌舞伎・復讐高音皷」 「人待たす-程がある/雑俳・玉の光」 〔現代語でも関西地方で用いられる。なお、関西地方では、副助詞としても用いられ、体言または格助詞に付いて、「…だって」「…でさえも」の意を表す。「僕-、我慢に我慢を重ねて来たのや/家族会議 利一」「日本に-、神戸の海岸通に大きなビルデイングあるやないか/細雪 潤一郎」〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かての関連キーワード荒妙・荒栲・粗栲普段着・不断着溜まる・貯まるイ ヨンギョン糅てて加えて出でがてに出でかてに醤酢・醬酢待ちがてに門出・首途関西地方心の御柱可古の島がてに普通科稲日野伊香保走り井難てに課口

かての関連情報