がんがら

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐がら

〘名〙
ブリキの缶の類で空き缶になったもの。
※鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造〉奥さまにヒゲのないわけ「その上に円ピ(シャベル)一本、とガンガラ(これはおみおつけのおなべ代用)一ケ」
② 子どものおもちゃ。がらがら。
③ 考えなしに大声でしゃべる人。

がんがら

〘名〙 貝「かわにな(川蜷)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報