がんじ

精選版 日本国語大辞典の解説

がんじ

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 動かないように堅く締めるさまを表わす語。
※幸若・大織冠(室町末‐近世初)「こがねのくつはかむしとかませ」
② 太刀風鋭く切り払うさまを表わす語。
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「大具足取り持てがんじと切りて落とすに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がんじの関連情報