がんじ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 動かないように堅く締めるさまを表わす語。
※幸若・大織冠(室町末‐近世初)「こがねのくつはかむしとかませ」
② 太刀風鋭く切り払うさまを表わす語。
※御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「大具足取り持てがんじと切りて落とすに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

がんじの関連情報