太刀風(読み)タチカゼ

デジタル大辞泉の解説

たち‐かぜ【太刀風】

刀を振る勢いで起きる風。
激しく太刀を振るって戦うありさま。
「筑前守の―に驚き、草木もなびき従ひ」〈武家名目抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たちかぜ【太刀風】

太刀を振るときに起こる風。激しくきりこんだときの太刀の勢い。 「 -鋭く斬りかかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かぜ【太刀風】

〘名〙
① するどく太刀を振った時に起こる風。はげしくふるう太刀の勢い。
※幸若・夜討曾我(室町末‐近世初)「そばにふしたるわうとう内たちかせにめをさまし」
② 戦いぶりの勇ましく、猛烈であること。武威。
※雲陽軍実記(1580)三「近年、毛利の太刀風に随ひ居けるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android