コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大織冠 たいしょくかん

8件 の用語解説(大織冠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大織冠
たいしょくかん

室町時代の幸若舞 (こうわかまい) 曲。王朝物。中国から送られた宝珠が瀬戸内海で竜に奪われたのを残念に思った大織冠藤原鎌足が,海女と契ってその女に竜宮の宝珠を取返させるという玉取り伝説。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大織冠
たいしょくかん

古代冠位の一つ。大化3 (647) 年に制定された七色十三階冠位制の最高位。天智8 (669) 年中臣鎌足 (→藤原鎌足 ) が死の前日,内大臣となり,藤原姓を賜わると同時に,大織冠を授けられたのが唯一の例。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいしょかん〔タイシヨクワン〕【大織冠】

幸若舞曲。室町後期成立。作者未詳。藤原鎌足が、八大竜王に奪われた宝珠を海士(あま)を使って取り返すという玉取り伝説に取材したもの。
(大職冠)浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。正徳元年(1711)大坂竹本座初演。などをもとに、藤原鎌足の蘇我入鹿(そがのいるか)討伐に玉取り伝説を配して脚色したもの。→たいしょっかん(大織冠)

たい‐しょっかん〔‐シヨククワン〕【大織冠】

《「だいしょっかん」とも》
大化の改新後定められた冠位制で最高の冠位。のちの正一位に相当する。実際には藤原鎌足が授けられただけである。
藤原鎌足の称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大織冠【たいしょくかん】

藤原鎌足が死を前にして与えられた,後の正一位に相当する官位。他の人に授けられた例がないので,鎌足自身を指していうことばとして定着した。幸若舞の《大織冠(たいしょかん)》は,筋立てが金春系統の古作である謡曲《海人》に重なり,興福寺金堂建立のため,唐の后となった娘から送られた無価宝珠を,鎌足が海人の助けを借りて竜王から取り戻すというもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいしょかん【大織冠】

幸若舞の曲名。作者不明。上演記録の初出は1553年(天文22)(《言継卿記》)。大織冠藤原鎌足は娘の紅白女(こうはくによ)を唐の太宗に嫁がせる。太宗はその返礼に万戸将軍を使者として釈迦の霊物を納めた玉をはじめ多くの宝物を鎌足に贈る。途中,修羅をかたらってこの玉を奪おうとした竜王は万戸に退けられ,計略を用いて竜女〈こひさい女〉を万戸の船に忍び込ませる。色香に迷った万戸は竜女に気を許し房前(ふささき)の浦の沖で玉を盗まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいしょっかん【大織冠】

〔「だいしょっかん」とも〕
古代の冠位。647年制定の冠位十三階の最高位。これを与えられたのは藤原鎌足だけであったため、鎌足の異名ともなった。 → たいしょかん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大織冠
たいしょくかん

「たいしきかん」とも読む。冠位十三階制、十九階制、二十六階制の最高階で、647年(大化3)から685年(天武天皇14)まで存続。織冠は綴錦(つづれにしき)の冠とされ、服色は深紫。この冠は容易には授けられない高貴なもので、授けられた例は藤原(中臣(なかとみ))鎌足(かまたり)のみである。669年(天智天皇8)鎌足は死去の前日、天智(てんじ)天皇から大織冠と大臣(おおおみ)を授けられ、藤原姓を賜ったといわれる。だから8世紀に成った鎌足の伝記を『大織冠伝』ともいう。[押部佳周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大織冠の言及

【藤原鎌足】より

…幼名は仲郎とも伝えられるから,早世した兄がいたのであろう。早くから儒教の古典や兵法に親しみ,青年時代には《日本書紀》によれば南淵請安(みなぶちのしようあん),《大織冠伝(たいしよくかんでん)》によれば僧旻(みん)ら,唐からの帰国者について学び,官途にはつかなかった。飛鳥寺の蹴鞠の会で脱げた皮鞋(かわぐつ)を捧げ,中大兄(なかのおおえ)(後の天智天皇)と親しくなった逸話は有名。…

※「大織冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大織冠の関連キーワード極官食間食感触官触感大匠外傷性ショック燭火職官職官家

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大織冠の関連情報